Nostalgic car club Sapporo ■photo■

■□□□Nostalgic Car Club Sapporo■□□□





2008.4.27

● Nostalgic Car Club Sapporo新年会 ●

2008年4月!今年も新たな物語が始まったのである・・・
俺達はドキドキしながら眠りについた・・・何故って?・・・それは・・・
目が覚めたら恐怖のクラブミーティング!『Nostalgic Car Club Sapporo新年会』が開催されるからだ!・・・
天候は最高とも言える雨と雪のコラボレーション!物語は良い感じでスタートしたのである・・・
今回は最高の悪天候なので集合場所を変更・・・そして・・・
札幌メンバーと十勝メンバーが某港に集合・・・新年会は爆音と共に6台でスタートした・・・
ルートは海岸線!目的地は一年の365日中300日が強風といわれる襟裳岬であった・・・


2008.5.5〜6

● ノスタルジックゴールデンミーティング ●

ゴールデンウィーク・・・夜明けの空を見上げ・・・そして・・・針路は決定されたのである・・・
夜明けの高速道路・・・いかした曲とキャブの音・・・ヘッドライトを灯したTAKECHINハコスカは・・・
水しぶきを上げながら鹿追町のカントリーパパに向かった・・・
仲間のTAMAさんLBも合流し土砂降りの中2台で大爆走だ!
そして俺達は目的地に到着した・・・コテージの前には疲れを知らないLBとハコスカが並べられた・・・
もちろん・・・2台共ワックスが効きまくっていたのは言うまでもない・・・
夜が近づくとコテージには仲間達が集まり・・・「ノスタルジックゴールデンミーティング」がひっそりと開催された
恐怖のミーティングは深夜まで続いた・・・ そして・・・俺達の夜明けがまたやってきたのである・・・
俺達は清々しい夜明けの風を楽しみながら・・・走り出したのである...


2008.6.15

● カンパパ車バカの集い ●

その日・・・空はどんよりと曇っていた・・・しかし!俺達の心は炎のように熱かったのである・・・
今年も6月に行われる鹿追町のカントリーパパイベント!『車バカの集い』に強制参加する為だ
俺達は既に夜明けと同時に爆走していた・・・ある意味「掟」でもあるのだ・・・
会場の芝生にはビッカビカの車達が北海道中から新旧問わず続々と集合し年々車バカも増殖中!
いつもの仲間達から新しい仲間達までみんなで仲良く焼肉パーティー・・・
熱く激しいトーク!マニアックアングル写真撮影!美味しいソフトクリームも必食!
楽し過ぎてあっと言う間にもぅ夕方・・・愛車のエンジンに火を入れ・・・それぞれの世界に帰って行ったのである...


2008.6.21深夜〜22

● TAMA激走ラストランツーリング ●

今回の任務はAM5:00に帯広に集合する事から始まったのである・・・
俺達は前日の22:22・・・総本部を出発!TAKECHIN号、KAZIKAZI号、TOSHI号は・・・
アクセルを踏み込み遠回りしながら帯広へハンドルをきった・・・
札幌→岩見沢→夕張一周→紅葉山→占冠→トマム→狩勝峠に行くと思いきや→高速で日勝峠→AM3:30帯広到着
・・・エンジンを止めた俺達は・・・眠ろうとした・・・しかし・・・国道沿いで目の前は24時間営業のスーパー!
眠らない(眠れない)男達だったのは言うまでもない・・・
それからどの位時間が経ったのだろう・・・霧雨の中から「ガォーンガォォオーン!!」
TAMA号、OOISHIRIN号、ヨコ号が集結・・・
AM5:00・・・『TAMA激走ラストランツーリング』の幕開けである・・・
爆音と共に6台のノスタルジックカー達は美瑛の「ケンメリの木」へ向かった・・・
空は少しづつ明るくなり・・・俺達の走る道はどんどん晴れ上がっていった・・・
そして・・・最高に気分のいいラストツーリングだったと・・・誰もが思ったのである・・・
この日・・・沢山の物語と・・・沢山の写真と・・・沢山の思い出は・・・この6人の心に・・・刻まれたのである...


2008.7.6

● 第20回北海道クラシックカーフェスティバル ●

『平成20年』・・・良い響きである・・・『第20回』・・・最高な気分である・・・どちらも『素晴らしい歴史』・・・
ノスタルジックカーオーナー達は知っている・・・『赤平』という地名を・・・そして誰もがこの時を待ち望んでいたという事も・・・
俺達の行き着く場所・・・それは!・・・赤平で開催される北海道最大のビックイベント!
『第20回北海道クラシックカーフェスティバル』
記念すべき20周年はどんな車が登場するのか・・・緊張と興奮を隠せないままサングラスとハコスカのキーを握った・・・
ピッカピカに磨き上げたハコスカのエンジンサウンドを響かせ・・・仲間達のスカGと共に赤平へ向けて出発したのである・・・
順調に北上し赤平市内に入るとガソリンスタンドやコンビニなど至る所にクラシックカー達が!
・・・一体どこからこんなに沢山集まってくるのだろうか?な〜んて思いながらも会場に無事到着!・・・
「おはよ〜!」「お久しぶり〜!」「また会いましたね〜!」「前夜祭でへろへろで〜す♪」などなど
いつもの楽しい友人知人仲間達み〜んな大集合!!!
年齢も性別も地域も職業もバラバラだけどみんなクラシックカー大好き人間の絆は固く仲良しなのである
この日の気温は33度!会場スタッフも参加者もお客さんもみんな汗だくです!HCCFはこうでなくっちゃ!


2008.7.13

● 第3回北海道オールドカーフェスティバルin岩見沢 ●

日曜日の夜明け・・・財布の中を見て悩んだ・・・・・すっ!少なすぎる・・・
何もかも単価が上がりまくってるこの時代・・・下がっていくのはギャラだけだ・・・
誰もが口にする「燃料高騰」という言葉・・・ハッキリ言ってもう聞き飽きた・・・
予定していた一人旅「最北端に針路を取れ!」から「超近場に針路を取れ!」に作戦変更するしか方法がなかったのである・・・
タンクに残っている燃料を気にしながら岩見沢(北海道グリーンランド)で行われる
『第3回北海道オールドカーフェスティバルin岩見沢』へ向かった・・・
イベント会場入口に到着するとまるで燃料高騰を蹴散らすかのように順番待ちの車達が何台も並んでいた・・・
今回はハコスカ2台とジャパンでエントリー!いつもの道内各地からの仲間達も大勢!
天気は晴/曇/雨と微妙な天候を味わいながらだったが展示スペースも広く・・・の〜んびり休日の楽し〜いイベントを満喫!!
帰りはみんなで楽しく!熱く!激しい!低燃費安全運転ツーリングだったのであった・・・


2008.8.24

● 粋な旧車2008(昭和の名車大集合IN旭川) ●

AM5:00・・・住宅街は冷たく静まり返っていた・・・しかし・・・俺達の心は熱く激しくなっていた・・・
夜明けの空を見上げ・・・俺達はそれぞれのスカGに火を灯し・・・爆音と共に出発したのである・・・
もちろん行き先は旭川!・・・北海道最大級の旧車イベント『粋な旧車2008』に参加する為である・・・
俺達は夏と秋に挟まれた不思議な季節を楽しみ・・・お気に入りの曲を聞きながら順調に走って行った・・・
道中でも粋旧ファンと思われる素敵なスカGにも遭遇し俺達の気分は最高潮であった・・・
天候は曇りと雨のコラボレーション!大雨にも直撃したがバックミラーを見るとメンバー達の顔は笑っていた・・・
どんな悪天候でもまったく関係ないのがうちのクラブの掟でもあり生き様なのである・・・
そんな俺達は無事に旭川入りしイベント会場に入場するといつもの粋なスタッフ達が素早く!
・・・そして爽やかに!・・・更にはあざやかに!誘導してくれた・・・
ビッカビカの参加車両達が次から次とビックに登場!会場は溢れそうな位旧車に埋め尽くされたのである・・・
そして俺達は全道から大集合した粋旧ファン達と一日中楽しんだのである...


2008.9.14〜15

● Nostalgic Car Club Sapporo Meeting ●

鳥の声が聞こえる・・・夜明けの大通公園・・・時刻はAM5:00であった・・・
公園を見回すとワンカップをすする爽やかな浮浪者・・・横たわった清々しい泥酔若者・・・木の陰に隠れる外国人・・・
ここは札幌大通公園・・・いろんな人間模様が交差する公園である・・・
そこに爆音とともに突如現れた昭和40年代から現在まで走り続ける現役ノスタルジックカー達!
テレビ塔に映り込む夜明けの太陽を眺めながら俺達は缶コーヒーを飲み干した・・・
誰が命令するわけでもなく・・・俺達は愛車に乗り込み札幌の街を颯爽と走り抜け・・・都会から離れたのである・・・
年に一度・・・NCCSミーティングが開催されている事は・・・あまり知られていない...


■□□□Nostalgic Car Club Sapporo■□□□

[PR]動画